イーモリジュと比較:女装する人がひたすら脱毛について語るブログ

イーモリジュと比較

脱毛ブログ家庭用脱毛器 > イーモリジュと比較

家庭用脱毛器 ランキング
ケノン
痛くないのに効果大
最も使いやすい
詳細を見る
公式サイトに行く
トリア
剛毛に効果大
痛いのが難点
詳細を見る
公式サイトに行く
イーモリジュ
値段が安い
効果も十分
詳細を見る
公式サイトに行く
ラヴィ
バランス良好
値段もお手頃
詳細を見る
公式サイトに行く
ランキング詳細をみる

  • プロフィール


    ドクタータカハシで顔、
    トリアで全身脱毛中★
    つるつるになれて快適です♪

    詳しいプロフは写真をクリック☆



☆ めたもるゆきにゃー ☆


絶対に働きたくないブログ



イーモリジュと比較

イーモリジュと他機種 違いはどこ?

イーモリジュは3月にケノンにリニューアルしました。
今の時期にイーモリジュと他機種を比較する人は少なそうですが、過去に比較記事を書いたので紹介しておきます。。

個人的には、イーモリジュを今買うのは全くオススメできません。
値段的なことを考えるとラヴィ、機能面を考えるとケノンになります。

イーモリジュと比較 記事一覧


イーモリジュとLaVie(ラヴィ)の比較 どっちがいいの?

イーモリジュは2012年3月12日に「ケノン」にリニューアルしました!
⇒ ケノンの詳細を見る


LaVieがあらゆる点で上

「ラヴィとイーモリジュどっちがいいの?」と悩んでいる方は結構多いんですよね。
実際に両方使った感想でいうと、ほぼ全ての点でラヴィが上と言っちゃっていいと思います。
特にイーモリジュの方が優れている点ってなかったような…





トリアとイーモリジュの比較 どっちがいいの?

イーモリジュは2012年3月12日に「ケノン」にリニューアルしました!
⇒ ケノンの詳細を見る


痛いけど強くて速いトリア
遅いけど痛みをある程度減らせるイーモリジュ

まず最初に身も蓋もないことをいいますと、イーモリジュを買うならラヴィの方がいいです。
理由は、性能がかぶってる上にあらゆる点でラヴィが上回っていて、イーモリジュはおすすめ出来ません。

というわけで、比較するならトリアとラヴィの比較をしたほうがいいわけでして…
まぁでも、それで終わってしまうのもなんなので、軽く比較をしていきます。

メイン記事は、トリアとラヴィの比較をご覧下さい。





センスエピとイーモリジュの比較 どっちがいいの?

イーモリジュは2012年3月12日に「ケノン」にリニューアルしました!
⇒ ケノンの詳細を見る


同じ光脱毛器でも、特徴が全然違う両機種

いきなり身も蓋もないことをいってしまうと、イーモリジュを買うならラヴィの方がいいです。
理由は、脱毛器としての方向性が全く同じ上に、あらゆる点でラヴィの方が上といっていいからです。
イーモリジュは現時点ではオススメ出来ません。
値下げか何かあれば別ですが…

というわけで、比較するならセンスエピとラヴィの比較をしたほうがいいわけでして…
まぁでも、それで終わってしまうのもなんですし、急な値下げに対応できるべく、きっちり比較をしていきます。

センスエピとラヴィの比較も参考にご覧下さい。





イーモとイーモリジュの比較 どう変わったの?

イーモリジュは2012年3月12日に「ケノン」にリニューアルしました!
⇒ ケノンの詳細を見る


イーモはイーモリジュの前の機種です

「イーモ」は、イーモリジュの前に販売されていた脱毛器で、いわばイーモリジュの旧型といったところです。
現時点では販売終了になっていますが、イーモリジュが販売開始されたあともしばらく販売されていました。

販売終了している商品の比較になりますが、買い替え需要などもあると思いますので、詳しく比較していきます。





ケノンとイーモリジュの比較 どう変わったの?

イーモリジュは2012年3月にケノンにリニューアルしました

2011年2月に発売したイーモリジュは、2012年3月にケノンにリニューアルしました。
約1年でのリニューアルですが、あらゆる点でバージョンアップして、とても良い機種になりました。






家庭用脱毛器 解説
ケノン
LaVie (ラヴィ)
光エステ
ダメな脱毛器
脱毛器の比較
脱毛器 実験研究レポート
トリア
その他脱毛器
脱毛器・旧機種






作者近況・趣味ブログ最新記事

「男の人が好き」って言葉が、ものすごく自分らしく感じるんです

性同一性障害】   2017/08/21 21:07

ちょっと色々と試行錯誤中でお休みしてました☆

また、ウェディングドレスを着て「男の人が好き」って気持ちをいっぱい表現した写真です💓

今は、わたし自身が「男の人が好き」「すてきな恋でいっぱいきゅんきゅんしたい」って気持ちでいっぱいなのを心から受け入れるために、こうやってどんどん出していく必要があるんでしょうね。

 

写真を加工して、キラキラさせて文字を入れてた時に、ふと気づいちゃったんですよ。

わたしのやりたかったこと、表現したいことってこれだったんだろうなぁ、こういう気持ちを世界観にしていきたいんだろうなーって。

なんかこう、ひたすらに乙女ちっくで、女性性のかたまりみたいな、そういう自分でいたいし、そういうものを表現していきたいんだろうなーって。

 

で、なんだか「男の人が好き」って言葉が、ものすごく自分らしく感じるんです。

出しちゃいけない、とても恥ずかしい、バカにされる、怖い、ダメなこと…そんなイメージのある言葉だったんですけど、でもすごく自分らしくて、こうやって気持ちを込めた画像を見てると、安心できるんです。

 

この気持ちでいっぱいのわたしを見てもらいたいし、こんなかんじの、女性らしい気持ちいっぱいで姫ちっくな表現をたくさんできたらいいなーって。