針脱毛ってどんな脱毛法?:脱毛方法の種類

針脱毛ってどんな脱毛法?

脱毛ブログ脱毛全般脱毛方法の種類 > 針脱毛ってどんな脱毛法?

無駄毛処理方法 ランキング
家庭用脱毛器
全身脱毛が安い
自宅で気軽に出来る
効果も十分
詳細を見る
クリニックでレーザー脱毛
痛いけど効果最強
ほぼ生えてこない
値段が高いのが難点
詳細を見る
エステで光脱毛
気軽に通える
体験価格が安い
また生えてくると厄介
詳細を見る
抑毛ローション
初期費用が安く手軽
個人差が大きい
続けると高い
詳細を見る

  • プロフィール


    ドクタータカハシで顔、
    トリアで全身脱毛中★
    つるつるになれて快適です♪

    詳しいプロフは写真をクリック☆



☆ めたもるゆきにゃー ☆


絶対に働きたくないブログ



針脱毛ってどんな脱毛法?

脱毛方法の種類】   2012/03/29 14:08

毛穴に針を刺して電気を流して毛根を破壊

針脱毛は、ニードル脱毛とも言われる方法です。
電気針脱毛とも呼ばれています。
レーザー脱毛やフラッシュ脱毛が主流となった現在は採用している業者はそれほど多くはありませんが、昔は主流だった脱毛方法です。

エステではTBC、ミスパリ、ダンディハウスといったサロンが採用している方法です。

どんなふうに脱毛するかというと、毛穴に針を差し込んで、その針に電流を流して毛根を破壊するという脱毛方法です。
つまり、1本1本確実に脱毛していく方法になります。

脱毛の原理自体は「毛根を60度以上の高温にして破壊する」ということで、レーザーや光とおなじです。
毛根を高温にする手段が違うということですね。

針脱毛の良い所

効果や融通がききやすい

針脱毛の良い所は、狙った毛穴を確実に仕留めることが出来るということです。

とにかく1本1本確実に脱毛していくので、効果という面では最大です。
その特性から永久性が高いと言われていますし、融通もききやすいです。

レーザーや光では脱毛しにくい、色素の薄い毛でも脱毛出来ます。
またピンポイントで好きな毛だけを脱毛することが可能です。

現在のところ、地黒の人や白髪の脱毛が可能なのは、針脱毛だけといっていいでしょう。

針脱毛の悪い所

高くつくし痛いし時間がかかる

針脱毛最大の欠点は、1本1本処理していくので異常に時間がかかって、結果的に高くなることです。

まぁ想像つくと思うのですが、毛根に針をぶすっとさせば、まず痛いわけです。
そして、そこに電流を流して、さらに痛いわけで…

でも、休んではいられません。
なぜなら、針脱毛は「時間単位でかかる金額が決まる」というシステム。
痛くて休んでる時間は大きなロスタイム。
というわけで、痛いのをガマンして、次の毛穴にぶすっと刺して電流を流します。

こんなのを無駄毛1本ごとにやっていくんだから、そりゃまぁ気が遠いし、痛いし、コストもえらいことに。

針脱毛は最終手段としてオススメ

レーザー脱毛や光脱毛で余った無駄毛をなくしましょう

そんなわけで、最初から針脱毛をするのは無謀行為です。
最終手段として使いましょう。

色素の薄い毛、産毛、レーザー脱毛で残った数本の毛などなど。
そういう余り物に処理するのであればオススメ度は高いです。



おすすめ記事

脱毛方法の種類